2005年 09月 04日
東北大学の学生寮問題
しばらく留守にしていました.

その間に全大教のメールリストに東北大学の学生寮有朋寮の廃寮問題が流れていました.
投稿者は,この件への大学関係者の無関心を強く批判しています.寮というと確かにちょっと「セクト」の匂いがして関与しにくい気がしますが,大学問題を考える上でも,少なくとも状況は知っておくべきと思います.相手が「職員」でなく「学生」であるということで,大学首脳部の「リーダーシップ」の発揮され方が「素直」だということかも知れません.

ここに元投稿を掲載しようと思ったら,全国国公私立大学の事件情報に既にエントリーがありました.
また,有朋寮のサイトはこちらです.

ところで,やっぱり留守の間に国立大学の黒字情報が新聞等にあふれていました.黒字なんだったら,違法な不払い残業をそのまま放置しなくても良かったでしょうに...寒冷地手当削減も,最後の最後には財政難も言っていたように思うのですが...
[PR]
by nobu_san | 2005-09-04 22:47 | 大学問題
<< 子どもと教育に関するアンケート 「教員の個人評価」の問題 >>