2005年 08月 19日
国立大学法人と地方自治体のアナロジー
ある雑誌のコラムのようなもので,国立大学法人と地方自治体の類似性に触れてみたのですが,どこかにそういうのを議論していたものがあったような気がして探してみたら...ありました.

2000.5.15に辻下さんが書かれた「国立大学法人化問題の概説 Ver 0.921」の2.1節「独立行政法人大学」に:

「国は頭にして金主、地方は手足」と言われるが、独立行政法人監督省となる総務省の母胎は自治省であることを考えると、地方自治体との類推は類推以上の実体のあるものとなりそうである。
(以下引用略:原文へどうぞ.2000年の論考ですが参考になります.)

私のコラムでは,地方自治体の首長(や有力者)と国立大学法人の経営者(や有力者)の精神性の類似を書いてみたかったのですが,成功しているかどうか.
[PR]
by nobu_san | 2005-08-19 00:43 | 大学問題
<< 「改革」選挙の後 人事院勧告 >>