2005年 08月 09日
解散 - 選挙 - 公務員削減?
解散してしまいましたね.これで選挙です.やっぱり気になってテレビを見てしまいました.

民主党の岡田代表が党の「財政健全化プラン」の中間報告のとおり,政権を獲得したら,歳出削減として国家公務員の定数削減や給与・手当の見直しをすると何度も主張していたのが気になりました.国家公務員の削減は,総人件費を最大2割削減するということです.どうも「公務員」って叩かれる宿命のようですね.公務サービスに何らかの不満を持つ人は多いでしょうから「具体的」で分かりやすいし.

一部には肥大化した本当に無用な公務組織もあるんでしょうが,一定数の公務員が居るのに公務サービスがなぜ充実しないかの「科学的」な分析してシステムを考えるとかではなく,公共サービスをまともにしないで無駄に居る公務員を削ってしまえ,ということでしょう.でも,「2割削減」となるとたぶん「平等」に削減されるのでしょうねえ.

とりあえず,去年から非公務員になっていて良かった...なわけもないか...



いろいろあって,精神的に非常に参っています...Blogを書く気力もあまりないのですが,とにかく「公務員」が叩かれる存在なのが妙に気になったのです.選挙前に民主党批判をするつもりでも何でもないです.念のため.
(補足:今日(9日夜)は自民党の武部幹事長が同じように「一番の無駄は官」を何度も言っていました...なんだか,新聞を賑わす「官」と,そこらで公務サービスを担っている「公務員」とを分けた方が良いように思います.2割削減されるのは,もちろん後者でしょう...)
[PR]
by nobu_san | 2005-08-09 00:22 | 気になること
<< 人事院勧告 学科名の漢字復活 小樽短大 >>