2005年 07月 25日
多様化する若手研究人材のキャリアパスについて
科学技術・学術審議会人材委員会(主査:小林陽太郎富士ゼロックス株式会社取締役会長)による標記の「検討の整理」の報告書が,文科省のホームページに掲載されていることが全大教のメールリストに流れていました.

私自身は,ちょっと余裕が無くて全然読んでいませんので全く無責任ですが,先日quibbleさんの「日本の制度」が分からないというコメントがありましたので,どういうことが考えられているのか,もしかしたら参考になるのかなと思い紹介しておきます.
[PR]
by nobu_san | 2005-07-25 23:22 | 大学問題
<< 大学の施設管理 法人化と教員削減 >>