2005年 06月 13日
「助教」と任期法
6月10日に学校教育法の改正法案が附帯決議をつけて衆議院文部科学委員会を通過している.

「カメ」になってからサボッているためもあるが,首都圏ネットの指摘が無ければ,今回の学校教育法の「改正」の関連法案として大学教員等の任期に関する法律の「改正」がされることに気がつかなかった.全大教私大教連も指摘していないので,私の「カメ」度だけの問題ではないかも知れないが...

改正法案附則8条には,大学の教員等の任期に関する法律の4条1項2号(任期を定めることが出来る条件)を次のように改める,とある.
二 助教の職に就けるとき。

もとの法律は,
二 助手の職で自ら研究目標を定めて研究を行うことをその職務の主たる内容とするものに就けるとき。
であった.

「助教」は,ほぼ現在の「助手」に相当するものだが,「助教」であれば無条件で任期を付すことが出来るようになってしまった.「改正」学校教育法では,57条8項で,「助教は、専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の知識及び能力を有する者であつて、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する。」と規定されている.「自ら研究目標を定めて研究を行うことをその職務の主たる内容とするもの」ではない.
[PR]
by nobu_san | 2005-06-13 23:29 | 大学問題
<< 教科書 「改憲必要」64% >>