2005年 06月 12日
「改憲必要」64%
今日の北海道新聞の朝刊2面に,日本世論調査会の調査結果として,「憲法を改正する必要がある」,「どちらかといえば改正する必要がある」を合わせて64%に上ると報じている.
しかし,私にとっては昨日の今日である...

「調査は4,5日に面接方式で実施」とあるが,調査数,回答数は報じられていない.16年12月4,5日の同会の調査は「20歳以上の男女3,000人(1,765人回答:58.8%)の層化二段無作為抽出法,直接面接方式」だったから,今回も同様か.

道新は『「改憲必要」64%』を見出しにした.<解説>にも『憲法をめぐる世論調査で改正派が64%を占めたことは,改憲問題が国民意識においても「論憲をタブー視しない」段階から,具体的に何をどう改正するのか,しないのかを議論する段階に移行したことを裏付けた形だ』としている.しかし,そんなの調査の設問が,前回は「改正に向けて、積極的に議論すべきだ」,「議論した結果、改正することがあってもよい」..だったのを今回「改正する必要がある」,「どちらかと言えば改正する必要がある」..に変えちゃったからではないのか?
世論調査が「世論」をミスリードする.

だいたい,そもそも,もしも今回も問1で「憲法問題に関心がありますか」を問うているのであれば,以下の設問は「関心がある」人の分布を分析し公表すべきではなかろうか.このアンケート,普段憲法のことなど真剣に考えたことも無いような人が「抽出」されて面接で質問されたらどう回答するのだろうか(世論とはそういうものか).「改正に向けて、積極的に議論すべきだ」「議論した結果,改正することがあってもよい」と答えた人に問うている「あなたがそう思う最も大きな理由」では,前回同様「憲法の制定が時代に合わなくなっているから」が60%と最多を占めているが「時代に合わない」とはなんとも曖昧な...
[PR]
by nobu_san | 2005-06-12 16:29 | 憲法・平和
<< 「助教」と任期法 小森陽一さん北区里がえり講演会 >>