2005年 05月 28日
夏季休暇
寒冷地手当の次が「夏季休暇」とは,どうも接続が悪いですが...

もうしばらくすると夏が来ます.たぶん誰にでも公平・平等に.

でも,うちの大学では,正規職員には認められている有給の「夏季休暇」が,契約職員や短時間雇用職員(かつての定員外職員)には認められていません.なぜかというと,法人化以前の公務員時代に定員外職員には夏季休暇が認められていなかったからという,ただそれだけの理由です.組合は去年も「団体交渉」で非正規職員の夏季休暇を要求しましたが,「公務員時代と変えるのは時期尚早」というような理由で大学は拒否しました.その時点で知る限り,既に7大学が非正規職員にも夏季休暇を認めていたのですが.今年も3月30日の「団交」で再度要求したのですが,労務担当理事は「公務員時代と特に変えなければならない状況が生じているとは思えない」というような回答で,やはり拒否しました.組合は,もうちょっと頑張らないといけないようです.夏はすぐに来て,すぐに終わります.

そういえば,昨年は大学を支えている夏季休暇の無い多数の職員のことを無視して,大学は夏季休暇の取得の奨励をしていました.たぶん,私のところに取得奨励の事務連絡メールを送ってくれた人は非正規職員で,夏季休暇は無かったのではないかと思います.大学は「人」で動いています.というかそれしかありません.もしも私が「経営者」なら,予算の組み替えの要らない夏季休暇なんか要求があればさっさと認めて,非正規職員を元気にして,やる気にさせるんですが,そういうのは経営感覚では無いのでしょうかねえ.経営感覚といえば,公務員ではなくなったのだから「経費節減」のためとして,今年は「職員の健康診断項目から、がん検診(胃がん・乳がん・子宮がん・大腸がん)を実施しない」としていましたが,さすがに学内の反発が大きかったようで,やっぱり実施することに変えたようです.公務員に準拠するもしないも金次第ということがたぶん大学の経営感覚ですかね.そう言えば,職員に有利な方向での変更要求にはとかく「説明責任」を持ち出すことが多いですね.そんなに「国民」が大学に注目してくれているんですかねえ.文科省や財務省はともかく...

しかし,この夏季休暇問題も健康診断もそうですが,組合の側にいて,組合の中での議論が「組合員のため」ではなく「全教職員のため」の議論になる傾向が強いのにはいつもイライラします.個人的には,組合員になって一緒にやってくれない人たちのことなんか放っておけば,と思うのですが...


ここでも出て来た,昨年の法人化前から「お世話」になった労務担当理事さんは,4月末で文科省にお帰りになりました...いつだったか「どうせ文科省に帰るのでしょう.うちの大学に骨を埋めるんですか」と訪ねたら,「任免権者は総長ですから,それは総長が決めることです」とおっしゃっていました.ということは,今回うちの総長がこの理事さんが無能だから首にして,新しい理事さんを呼んで来たんですかね.5月にいらっしゃったばかりで,寒冷地手当の「団交」の詳細をご存知ないはずの新しい労務担当理事さんが,新聞に「申し立ての内容を精査しているところだが、労働組合との交渉には誠実に応じており、不当労働行為とは考えていない」とのコメントを出していらっしゃいますから,確かに有能でいらっしゃるのかも...


くどいですが,このblogは「匿名」ですから...あらゆる意味で...
[PR]
by nobu_san | 2005-05-28 23:12 | 大学問題
<< 骨太の方針,人勧,地域給与見直し 寒冷地手当問題で不当労働行為の... >>