2005年 05月 08日
一家に一枚周期表
blog の面白さでしょう.文部科学省製作の「一家に一枚周期表」というものを知りました.

周期表の各元素に書かれているコメントや写真は確かに面白いと思いました.しかし,相当ひねくれ者の私としては,周期表の真ん中に置かれているノーベル賞受賞者の顔写真が結構気になります.最初は単にデザインとして違和感があったのですが,制作の基本コンセプトには「できるだけわが国の科学技術の強さを表現」というのがあります.皇国史観ではないですが,そんなものが周期表に必要なんでしょうか? IUPACの18族で書かれている周期表になっていますから,このスペースに,例えば原子構造(電子殻)の絵を置いたらダメだったのでしょうか.ノーベル賞受賞者の顔写真で埋めるよりは良いのではないかと思うのですが.

たまたまベルリンで,ある国際会議に出席していた時に,基調講演者のビュートリッヒ博士がノーベル化学賞を受賞しました.会場にそれが伝えられ,参加者全員で拍手をして花束が渡され,それで終わりでした.「一家に一枚周期表」の真ん中に歴代ノーベル賞受賞者の顔写真を置くセンスの国.科学技術基本計画でノーベル賞受賞者数が数値目標になる国.なんだかなあ,です.

まあ,賞とは無縁な3流研究者のたわごとなんですが...
[PR]
by nobu_san | 2005-05-08 00:46 | 大学問題
<< 教育基本法仮要綱案と「愛国心」 ITER誘致断念 >>