2005年 05月 02日
メーデーに思うこと
今年のメーデーは雨でした.特に,「LOVE 9」の人文字を作っていたあたりは結構寒く,応えました.

デモ行進のころはほとんど雨が降っていなかったのですが,私にはメーデーのデモ行進はあまり「楽しく」ないです.お祭りと言ってしまえばそうなのかも知れませんが,示威行動としては訴えが包括的すぎなのかも知れません.学生時代の学費値上げ反対のデモ行進や,一昨年の国立大学法人化反対デモ行進の方が規模は小さかったけれどもシュプレヒコールにも力が入り,「楽しめ」ました.もちろん働く者がメーデーに集まって仲間を感じて元気になって職場に帰る意味は大きいと思います.しかし,大規模なデモ行進が「お祭り」だから出来ていることなのだとするとちょっと変です.本当はメーデーに組織されない不安定雇用者の中に,もっと問題が山積しているのでしょうし,何が起ころうが決して声をあげようとしない多くの人々の存在も不気味です.

国立大学法人化には,結構な大学人が「反対」だったと思いますがデモ行進はとても小規模でした.そこまでしない座っていて参加できる新聞意見広告も十分な賛同者を確保するのに苦労しました.理由はいろいろあります.忙しい,それどころじゃない,何も自分がそこまでやらなくても,目立ちたくない.でもそれで良かったのでしょうか.法人化後,ぶつぶつ言っている先生方...
[PR]
by nobu_san | 2005-05-02 00:50 | 憲法・平和
<< ITER誘致断念 気になる「安全」 大学病院の場合は? >>