2005年 04月 20日
科研費不採択
科研費の採択状況通知が来た.今回,私の申請は不採択.

法人化後,競争的資金獲得が多いに求められている国立大学法人の教員としては失格.まずは厳しい評価というところか.大規模プロジェクトが動いているからいいようなものの,そうでなければ「生活費」にも困ってしまう.申請書を書きながら,本人はまあまあ面白いと思ったんだけどなあ.やっぱり駄目か.うちの先生にも,専門家にしか受けないようなことばかり考えたりしていたのでは駄目だと叱られているが,そうなのかも知れない.そういえば,このまえ調べたら,私自身の論文が業界で引用されるのは「変わりだね」研究として「こんなことをやっているのもある」というのしか無かったような気がする.ある人とのメールのやりとりで,今回の申請のテーマは「好き者にとってはワクワクすること」と評されてしまった.

来年はちょっと宗旨替えをしようか.リストラされても困るし...私の分野では,やっぱり,もうちょっと応用が見える研究が大事だろうか...
[PR]
by nobu_san | 2005-04-20 00:37 | 大学問題
<< 「定員削減」とはなんだったのか 昭和の日 >>