2005年 04月 16日
高校・大学の無償化は夢か
民主党の教育基本問題調査会(会長・鳩山由紀夫元代表)の作業部会がまとめた教育基本法改正に向けた論点整理の中で,高校・大学の無償化を提唱している.12月19日にも書いたように,上がり続ける国立大学の学費の状況に反対する立場からはこの提案は歓迎できる.

しかし,肝心な教育基本法「改正」の提案はどういうものか知りたいところだ.
Yahoo! News でみられる産経新聞共同通信の報道では,愛国心を明記するかについては両論併記だが「宗教教育の必要性を強調している」ともある.いったいどういう提言になっているのか非常に気になるが,まだ民主党のホームページ等でも公表されていないみたい.

高等教育が無償化されても,同時に愛国心や宗教教育の強化が進められたのでは単純には喜べまい.
[PR]
by nobu_san | 2005-04-16 22:56 | 大学問題
<< 昭和の日 憲法調査会最終報告 >>