2012年 06月 17日
給与削減
久しぶりの更新ついでにこれも…



うちの大学でも14日の昼休みに「教職員給与削減説明会」が開催されました.

総長の説明の後の質疑の時に,私のような任期付教員も「平等」に削減するのか,と一応質問してみました.特任教員や契約職員は削減対象外なのに,法的な任期が付いているけど「定員」である私のような教員は「平等」に削減されます.現行制度では「任期5年,更新は1回のみ可で2年」なので不満です.そもそも何も特別な待遇は無く,ただただ任期があるだけ,しかも校費配分は普通の教員の1/2なので全くモチベーションは上がりません...年中次の職を気にしてますが,そうそうありそうにないです.そういえば,うちの大学の給与を削減したら頭脳流出するぞという意見も出ていますが,私のレベルでは流出しようにも容易ではないです...


あと,説明会の最初に,総長が「震災後しっかりした発言をしなかった」となかなか良い反省を述べられていたのを受け,悪い癖で,ついつい「この(給与削減)問題ではどう発言をしていくのか?」と言ってしまいました…被害額と復興予算額の関係で,ばらまきに廻されるだけではと,本当にこの削減が必要と思うのかも訊いてみましたが,実際の被害だけでなく被災地の産業振興にもお金がかかるというような返事になって来たので,ついつい不規則発言をしてしまいました...


もう一つ気になったのは,何度も何度も「追い込まれてから削減を実施するのではなく,大学の尊厳を保てる間に判断をしたい」というような趣旨(「尊厳」でしたっけ?あと表現も不正確メモを取らなかったのでちょっと怪しい)のことを言われていたのもかなりひっかかった.そこも突っ込みたかったけど,現職場では前職場のように不必要に目立たない様にしておこうと思っている(た?)ので止めておきました.

[PR]
by nobu_san | 2012-06-17 12:39 | 大学問題
再稼働させるのか… >>