2005年 01月 15日
不作為
家内の仕事の都合で子守り.出勤しなかったので(土曜日だし,センター入試で入館も面倒)早乙女勝元著「ゴマメの歯ぎしり 平和を探して生きる」を読む(そんなことをやっている間に論文でも書けと言われそうだとふと思う).

家永「戦争責任」同様,不作為の罪・責任の指摘多々あり.詳細は読んでもらえば良いとして,平和問題と同根だと思うが「大学」にも直接関係しそうな指摘を例によって少しだけ拾うと.

アウンサン・スーチー(日本の若い世代へのメッセージを求められて)

自分以外の者に目を向けることです.自国以外の国にもね.精神的に充実した人生を生きるには,他者の願いをかなえるために,責任を負う勇気ももたねばなりません.

コスタリカ元大統領アリアス(日本の国際的使命を問われて)

そこで大事なことは,私たちが何もしなければ事態は変わらないということ.あなたたちが,国内で臆せずに発言していくことですよ.あなたのように文章を書く人や学者,教師,学生のみなさんに,特にその責任が課せられているのです.


さて,自分はどうか.組合運動に没頭している「ふり」をして,他のことに目をつぶっていないだろうか...
[PR]
by nobu_san | 2005-01-15 22:03 | 気になること
<< 政治圧力が無くても? 「戦争責任」を読み終えて (大... >>