2011年 07月 11日
子どもを救え、仕事をつくり出せ
研究仲間の集会で,福島原発の放射能汚染が話題になると,どちらかというと「騒ぎ過ぎ」,「ヒステリー状態だ」というような意見が多いように思う.「24時間そこに居るのか.24を掛けるのは間違っている」とかいう意見は確かにそうかも知れない.

でも,東京あたりのホットスポットで騒いでいるのと,福島原発周辺の問題とは違うように思う.はっきりした閾値は無いのだろうが,だからといって「安全」の閾値を適当に修正してやり過ごすのではなく,政治がやらないといけないことはあるんじゃないのかな…

「子どもを救え、仕事をつくり出せ―国は過去の経験に学べ」は7月9日の桂敬一氏のNPJの記事(7月5日付)のタイトル.
[PR]
by nobu_san | 2011-07-11 23:11 | 憲法・平和
<< 今こそ自衛隊の「再編」 日本人の坐り方 >>