2004年 11月 11日
党首討論から
党首討論で非戦闘地域の定義を訊かれて「自衛隊が活動している地域は非戦闘地域」だという小泉首相にはさすがに呆れる.あまりに馬鹿馬鹿しくて,怒る気もしない.なんで国会でそういう議論をする首相を罷免出来ないんだろう.国会侮辱罪とか.いや主権者国民愚弄罪かな.

国(しかも自分達)が決めたことを,首相が気にする必要も無い国で,一方では国が決めたことだからというだけの理由で,卒業式でただ黙って座っていた教員が処分されたりする.随分妙な国だ.

この国では,首相だとか役員だとか,何らかの権力側にいる者には道理とか合理性とかいうものは不要なのだろう.なんたって国の最高権力者である首相が手本を示しているし,それで特に何か問題になったりするわけでもない.憲法だとか法律だとかは,まず気にする必要もない.

国の首相があれで「良い」のだから,法人化された国立大学の団体交渉で,使用者側が労使関係のまともな議論を避けても,至極当然なのかも知れない.誰に何と言われようとも,とにかく権力側に居るものは「自分はどう思う」のかを言えば良いのだ.別に合理的かどうかなんていうのは気にする必要もない.もしも論理的に問題があっても,「あんたがそう思うのは勝手だが,それは意見の相違だ」と言ってしまえば,それ以上は別に議論する必要もないのだ.

あれ? 首相が手本を示しているんだから,別に権力側に居ない我々もそれでいいのかな.なあんだ,もっと早く気がつけば良かった.「僕はそうは思わない」で済ませたかったことはいくらでもあったのに...

しかし,こんな恥ずかしいことを「そのまま」国外に報道するのはさすがに気が退けるのか,NHK Radio Japan の英語ニュースは: "He can not say for sure at this point, whether there will be any fight in the area where the Ground Troops are deployed. But he said the area remains a non-combat zone."のような感じで報道していた.NHKさん,これって虚偽報道じゃないの?
[PR]
by nobu_san | 2004-11-11 00:15 | 気になること
<< 北大ポプラ並木再生 あたらしい憲法のはなし >>