2011年 05月 26日
大阪維新の会の「君が代」条例案
昨日,大阪維新の会が「君が代」条例案を議会に提出したらしい.

ニュースサイトでも取り上げられているし,2chを始めとするネット上でも「議論」が観られる.これは条例案本文を見てみたいが,残念ながら大阪維新の会のHPにも掲載されていないようだ…と思ったらここにあった


    大阪府の施設における国旗の掲揚及び
    教職員による国歌の斉唱に関する条例(案)

(目的)
第一条 この条例は、国旗及び国歌に関する法律(平成11年法律第127号)、教育基本法(平成18年法律第120号)及び学習指導要領の趣旨を踏まえ、府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国歌の斉唱について定めることにより、府民、とりわけ次代を担う子どもが伝統と文化を尊重し、それらを育んできた我が国と郷土を愛する意識の高揚に資するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと並びに府立学校及び府内の市町村立学校における含む規律の厳格化を図ることを目的とする。

(定義)
第二条 この条例において「府の施設」とは、府の教育委員会の所管に属する学校の施設その他の府の事務又は事業の用に供している施設(府以外の者の所有する建物に所在する施設及び府の職員の在勤する公署でない施設を除く。)をいう。
2 この条例において「教職員」とは、府立学校及び府内の市町村立学校のうち、学校教育法(昭和22年法律第20号)第1条に定める小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校に勤務する校長、教員その他の者をいう。

(国旗の掲揚)
第三条 府の施設においては、その執務時間(地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条第1項に規定する公の施設にあっては、府民の利用に供する時間)において、その利用者の見やすい場所に国旗を掲げるものとする。

(国歌の斉唱)
第四条 府立学校及び府内の市町村立学校の行事において行われる国歌の斉唱にあたっては、教職員は起立により斉唱を行うものとする。ただし、身体上の障がい、負傷又は疾病により起立、若しくは斉唱するのに支障があると校長が認める者については、その限りでない。
2 前項の規定は、市町村の教育委員会による服務の監督の権限を侵すものではない。

   附 則
この条例は、交付の日から施行する。

というものらしい.

加藤周一を読み直したからという訳でもないが,なんですかね,この条例.橋本知事は新聞の報道に対して,批判するなら次の選挙で勝負しようなんて言い方をしているから,「何か考える人」は黙っているのはダメでしょう…

第一条(目的)の所の書き方なんで,それこそ何も問題無さそうな,じんわりと市民を締め付けていく権力装置作りの模範例みたいですね.「普通」の人にとっては,「常識的」で,何も問題ない.

天皇個人に極度に権力を集中して,政治の道具として利用したのは,日本の歴史上も極めて希な状態で,ここで謂う「伝統と文化」って何なのさ,明治後期以降の極めて最近のことを指しているのかとか疑問に思わない「普通」の人が読んだら,いったいどこが問題なのさって感じ…

いやあ,しかし,2chとかの議論を観ていると面白いなあ.
「国旗を見たら,反射的に胸に手を当てて,国家に忠誠を尽すように育てるのがあたりまえだろ!」とか…
「これで,やっと子供達がまともな教育を受けられるようになる」とか…

威勢がいいけど,そんなこと書いている人は,上官に「爆弾抱えて敵に突っこんで死んで来い!」って命令されたら素直に勇ましく行くのかね.あるいは,自分の子供が馬鹿な上官にそういう命令をされるような国にしたいのかな.理解出来ん…あるいは,そんな書き込みの人は私のような一般市民じゃなくて権力側の人ばかりで,もしかしたら命令する側にはなるかも知れないが,決っして無意味に突撃させられるような「消耗品」にはならないような方々ばかりなのかな…

私はもちろん戦争(無差別大量殺人)反対ですが,戦国時代のように,お互いに名乗りを上げて切り結ぶような,自分の技を活かせる戦ならまだしも,近代戦のようにただの部品になって戦争に無理矢理参加させられるのはまっぴらごめんだ.ましてや,セオドア・バンカークになんか絶対なりたくない.

しかし,そもそも,そういう人の言っている「国家」って何ですかね…威勢がいいけど「国家」の範囲は,ぜいぜい親兄弟じゃないのか…それに,こういう事態がじわじわ進行して行った先の未来に,自分達に,どういう「国家」が良いか選択する自由があるとでも思ってるのかな.いや,「国家」の政策やあり方なんてどうでも良くて,ただ天皇を戴いていれば,それだけでいいのかな.

何度も同じことを書きますが,私は「君が代」と「日の丸」を無視して,皆で忘れ去ろうという運動の仕方には反対です.そういう意味では,大阪府が教育機関で毎日「日の丸」を掲揚し,「他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養う」ために,毎日それに正対して,それを戦争遂行に使ったことを反省し,決っして忘れないようにという教育をするんだというなら,寧ろ大賛成だ!
[PR]
by nobu_san | 2011-05-26 13:34 | 憲法・平和
<< 続:大阪維新の会の「君が代」条例案 「沈黙」の意味 >>