2011年 05月 21日
「沈黙」の意味
加藤周一の「私にとっての20世紀」が文庫になってるのを見付けたので,通勤の地下鉄で読み直しています.今日も出張だったので,帰路の地下鉄で読んでました.

上の娘(中2)に「政府が何かしようとするでしょ.例えば戦争とか.その時に,自分は良く分らないなと思って黙っていることは,実はそれに賛成していることと同じだよ.ちゃんと反対なら反対って言えるように勉強しな」って話したら「分った」って言ってた.

けど,奴は本当に分ってんのかな…

教員任期法の頃だったか,「反対者」の私がゴチャゴチャ言っている時,学会の重鎮でもある東大の教授が「うちの大学ではそういう不満を言うことなく助手は黙々と研究・教育に日夜がんばっている」と言われたことがある.

当時,本当にそうなのであれば、東大助手の公募に「研究テーマ以外の社会一般の出来事に対しても,きちんと疑問を抱いたり、問題を指摘することが出来、自分の意見を公に表明する能力を有すること」という項目を入れた方がいいのではないかと反発していた.たぶん、それらの助手の多くが、将来「東大教授」として社会的責任を負って行くのだろうからと.
[PR]
by nobu_san | 2011-05-21 23:55 | 憲法・平和
<< 大阪維新の会の「君が代」条例案 子供の被ばく線量制限の緩和問題... >>