2011年 04月 08日
公務員庁の疑問
人事院を廃止して公務員庁にするということについて一昨日書いたけど,色々と疑問が(準じているだけで公務員じゃないので関係ないけど)…

「資料」はみつけた.誰か,国家公務員制度改革推進本部の,

国家公務員制度改革基本法等に基づく改革の「全体像」について
(平成23年4月5日国家公務員制度改革推進本部決定)(概要本文

を分析して講義してくれないかな…(国交労連とかでは「学習会」やってるのかな?)…

ざっと見た「概要」のポンチ絵では,政府全体で統一的に決める俸給月額等は「公務員庁」と交渉,各府省ごとに決める勤務時間の割り振り等は「各府省」と交渉となっている.ややこしいな…団交のたらい回しの予感が…

世間のblog等では,こんなことで「公務員改革」が進められるのかという趣旨の議論の方が多いような気がする.

でも,一般の末端公務員から見たら,むしろ逆で,労働三権の代替措置としての人事院が「本来」なら担っていたはずの機能が,実際には公務員庁との形式「団交」という誤魔化しで失われてしまう,つまり状況は悪くなるだけではないかな…公務員庁のことを「第三者機関」と書いているものもあり,かなり怪しい.
元々の発想は,(一応民間の給与水準を反映している)人勧以上に公務員の給与を削減するには,どうすればいいかというのだったずだし…怪しい…これで公務員のモラルやモチベーションがさらに下って,「公務員改革」に失敗するということを心配した方がいいのでは?

うちの近くの某地方政党といい,公務員を叩いとけばとりあえず人気が出るのは困ったものだ.まあ,この春までうちの事務室に居た人も,某先生の期待に反して一年間何もしないでただ毎日一日中じっと座っていただけ(それはそれで普通なら苦痛だと思うからすごい?)で無事に他大学に転出して行ってしまったから,なんとも言い難いところもあるけど…
[PR]
by nobu_san | 2011-04-08 14:04 | 気になること
<< 子供の被ばく線量制限の緩和問題 公務員に労使交渉権? >>