2010年 07月 16日
学長は反対だが...
多くの国立大学法人の学長が平成23年度概算要求基準(シーリング)による「国立大学法人運営費交付金」の削減に「反対」声明を発表しているが,学内には,例えば「構成員の皆さん,反対の声を出して下さい」なんて感じの呼び掛けは観察されない.なぜだろう...

いつも同じことしか書かないが,こういう事態が十分に予想されていた「法人化」には反対の意見を表明しなかった学長連が,「お金」の削減による実害が出てようやく意見を表明し始めるのに関しては,この法人化そのものの「反対者」であった私の評価は低いが,それにしても,こういう事態でも大学の指導者層が学内宣伝をして「大学人」の議論を盛り上げようとしないのはなぜだろう...

もっとも「法人」に移行していなかったとしても,それはそれで別の締め付けはあったのだろうが...
[PR]
by nobu_san | 2010-07-16 00:40 | 大学問題
<< 文科省の「まとめ」 「博士課程修了者の就職難」の政... >>