2010年 06月 26日
「博士課程修了者の就職難」の政府答弁書
日本共産党の宮本岳志衆院議員が提出した,「大学院博士課程修了者の就職確保と研究条件改善に関する質問主意書」の政府答弁書が「国民の立場で大学改革を」に掲載されている.

若手の職が無いのは大学の予算削減の影響だと国民から指摘されていることは認めているが,「高学歴ワーキングプア」って何のことか政府は分らないらしい.

ところで,参院選の公示に先駆け,先日,全教職員宛メールで,国立大学法人の大学教員は国家公務員に準じて政治活動を制限されていることを周知する注意喚起のメールが来た.参院選公示後の現在,大学職員としてはこんなことをblogに書いていたらヤバいのかな?
[PR]
by nobu_san | 2010-06-26 22:55 | 大学問題
<< 学長は反対だが... 宮本議員の質問主意書 >>