2010年 03月 19日
北大職組,また道労委へ救済申立
昨日の全大教のメールリストに,北大職組の神沼委員長から以下のメールが流れた.

 2009年の人事院勧告に準拠した賃金不利益変更問題で北大は、北大教職員組合との団体交渉を途中で一方的に打ち切るなど、いくつかの不当労働行為を働きました。

 そのため北大教職員組合は本日(3月18日)、北海道労働委員会に対して、北大を不当労働行為で訴える手続き(不当労働行為救済申立て)をとりました。

(以下略)

ご苦労様です.

しかし,文科省人事(天下りという批判もある)の労務担当理事だと,人が代るその度に「大学」はリセットされてしまうのかな.「和解」は正しかったのだろうか...
[PR]
by nobu_san | 2010-03-19 10:02 | 大学問題
<< 「文科省:国立大を数値評価」の問題 992人 >>